徳島の子どもたちの運動能力を高めるスポーツイベント

 |  |  | 0

徳島のスポーツイベント足が速くなる講座を行いました。

 

Doしたん副代表の南部です。今回も多くの笑顔に包まれたスポーツイベントになりました。4〜6年生を対象にたくさんの家族が参加してくれました。

 

doshitan

 

 

足が速くなるためには身体の使い方のほんのちょっとしたコツを知っていればいいんです。本当に、ある部分を伸ばして、刺激するだけ!

 

半数以上が20m走のタイムが速くなりました。

 

とは言っても、タイムを縮めるだけが全てではありません。理論的にタイムが速くなる動きをしています。しかし、それだけではなく、フォームの変化、筋肉への刺激を習慣化。この様な観点も大事なんです。

 

どうしても、現代社会は数字に目が行きがちです。それの中でも本当に知ってもらいたいことをお伝えしています。

 

トレーニングの一部を画像にて紹介します。

 

代表のさこアニキが速く走るための筋肉に刺激を入れる運動をお伝えします!

 

 

 

 

足が速くなりたい保護者の方も筋肉に刺激を入れます。春の運動会の季節なんでお父さん、お母さんも張り切っています!

 

ぼくが担当したのは体幹トレーニングの分野です。ヒトの発育発達に沿った動きで体幹部分への刺激を与えます。

 

 

 

 

直立二足歩行を始めてから大人より年が経っていない子どもたちでも苦戦します。だからこそ、立ち上がるまでの動きを再学習なんです。

 

ちなみに、別の場所では大人に向けても同じようなことをしてもらったりもしていますが、子どもの方が少しうまいですね!

 

ちなみに一番うまいのはぼくが定期的にレッスンに行っているCOLORSインターナショナル保育園の園児たちですね(笑)

 

足もみで伝わる愛情

 

それと、忘れてはいけないのが家族の愛情です。

 

この年代になってくると小学校低学年よりも子どもに照れが出て来ます。それでも今のうちから「足もみ」によるコミュニケーションをとっていると将来的にも繋がりが強くなると信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にお父さんの参加が増えたことを嬉しく感じています。日頃お仕事を頑張って子どもと一緒にいる時間が少ないかもしれません。その中でこう行った形で子どもと触れ合ってくれるのが一番嬉しいです。まだまだ、お母さんだけの参加が多いですが、男女比5:5の割合まで持っていければ最高です!

 

Doしたんの理念として「人・体・食をつなぐ懸け橋となり、こどもの未来を支援します」はまさしくこのことですね。

 

今回も休日の中お越しいただいた皆さまに感謝申し上げます。笑顔いっぱいで走りまわってくれた子どもたちもありがとう!

 

 

引き続きコラボしていただいた。cocoaの近藤さん、テトラの吉川さん

 

そして、ボランティアスタッフとして参加してくれた謎の少年X、かなちゃん、えりりん

有り難うございました。Doしたんの活動は応援してくださるみなさまがいるからこそ続けていけます。

 

参加者様からいただいたアンケートはこちら!

 

question6

 

question3

 


question2

 

 

応援を励みに今後の活動を続けていきます!当団体の趣旨に賛同していただき、協賛いただける企業様を募集しています。

 

後援

アイフルホーム
鳴門ガス株式会社
イノベーションセンター四圀株式会社
笹倉スポーツ社
徳島新聞社
四国放送
エフエム徳島