子どもの足を速くしよう【第五回足が速くなる講座】

 | ,  |  | 0

 

わずか90分で子どもの足が速くなる講座。【累計笑顔総数は312スマイルとなりました!】

 

 

Doしたんの代表の理学療法士さこアニキとJCCA認定キッズスペシャリストのしんちゃんが考えたプログラムで徳島県の子どもたちの足を速くしています。

 

しかも、足を速くするための運動だけではなくて「親子の絆を深める」をテーマにしているので親御さんにとってもためになることをお伝えしています。それは記事の後半で様子をお見せします。

 

短い時間で足が速くなる講座

 

 

講座も第5回となり、講座の中身もどんどんグレードアップしてきました。最初は手探りでなかなか時間の配分も、テンションもわからずご迷惑をおかけした部分もありました。しかし、ようやく1つの形として胸をはって言えるところまできました。

 

そんなこともあって、徳島県内でダンサー&トレーナーの岩佐さんもお手伝いに駆けつけてくれました!小学生のお子さんをお持ちの親御さんは是非とも参考にしてくださいね!

 

それでは、講座の様子をお伝えします!

 

 

最初にDoしたん体操をみんなで行います。(Doしたん監修のエクササイズ)この日はかなり寒かったんで最初に軽くジョグをしてから体操に入りました。

 

 

体が温まったら第一回測定です。この段階ではみんな、手足がバタバタで走ったりしてます…

そこからフォームを修正するためにいろんなエクササイズが繰り広げられるんです。

 

さこアニキによる足が速くなるエクササイズを行います。

 

 

 

スタートダッシュの練習です。ポイントは脱力!

 

走る練習が終わると次のプログラムに移ります。

 

しんちゃんの楽しい体幹強化あそび

 

 

「なんだこれはっ!」ってなりそうな画像ですね。笑

実はこれは這う運動をするための姿勢なんです。あなたが思っている以上に楽しいですよ!しかも子どものたちの体幹を鍛えることもできるんです!

 

運動プログラムが終わると、第二回測定となります。ほとんどの子が1回目と比べて速くなっていました!

 

子どもたちが汗を流している時にお父さん、お母さんは?

 

この記事を読んでいるお父さん、お母さんはここが気になるでしょう。ただ子どもの様子を見学していたわけじゃないですよ!

 

足揉みのミニ講座を受けていました。「親子の絆」これがテーマなんで、保護者の皆さんには子どもたちと触れ合う機会を作ってもらうために足が速くなるツボを押す練習をされています。こちらは若石の足もみの近藤さん、吉川さんとコラボしてやっています。

 

子どもたちのプログラムが終わるとみんな足を揉んでもらうために大好きなお父さん、お母さんの元に飛んでいきました。

 

 

 

なかなか照れ臭いけど、なんだかんだ言いながら子どもたちは大満足の様子でした。お父さん、お母さんの顔も笑顔になっていますね!こんな感じで子どもと触れ合う機会ってあまりないですからね。

 

少しでも親子の絆を深めるお手伝いができたならDoしたんの使命をまっとうできています。スポーツを通した、こういった場づくりですね!

 

ご参加いただいた皆さま、当日スタッフとしてお手伝いいただいた皆さま。この場をお借りして感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

動画でも様子を配信しています。チェックしてくださいね!

 

 

足が速くなる講座

 

第六回目は2月25日(日)10:00~11:30

詳細はこちらから

 

過去の開催はこちらからご覧ください。

 

追伸.

楽しいスタッフの皆さんと一緒に恒例の空飛ぶおぢさん講座です。今回はアレンジが効いています!

 

 

 

 

____

子どものスポーツレベルを上げる家族を応援しています。

 

Doしたんは子どものスポーツレベルを上げるために親子の絆を深めるお手伝いもしています。小学生のうちから親子のスキンシップを深めていると中学、高校になった時に本当の力になると信じています。

 

このような想いの基、Doしたんの活動を広げています。

 

今回ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、この場を借りて御礼申し上げます。本当に有り難うございました。

 

共催

子育てママ向け「若石子連れ足もみサロン」徳島/cocoa
足もみ部屋テトラ/吉川ゆか

 

後援

アイフルホーム(株式会社LIXIL住宅研究所)
鳴門ガス株式会社 (Gastina)
イノベーションセンター四圀株式会社
笹倉スポーツ社

 

※ご協力いただける企業さま、皆さまのおかげでDoしたんの活動を続けることができます。ご協力いただいた企業さまには微力ながらチラシ配布、WEB掲載などでお手伝いさせていただきます。応援いただける企業さまがいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。